この眠りが、僕の挑戦を支えてくれた。松井秀喜
この眠りが、僕の挑戦を支えてくれた。松井秀喜

15年以上テンピュール® を使い続ける、
松井秀喜の真実。

2003年、松井秀喜は新たな挑戦のため、
米国へと渡った。
そのとき持って行ったのが、テンピュール®
日本より過酷な試合日程のなか、
自宅ではもちろん、遠征先にも
テンピュール® を携行し、
米国でも輝かしい成績を残した。
良い睡眠が、良いパフォーマンスにつながる。
世界で認められた品質が、
彼の世界での活躍を支えたのだ。
最寄りの店舗はこちらからお探しください 店舗検索最寄りの店舗はこちらからお探しください 店舗検索
松井秀喜が語る、テンピュール® の魅力とは?
松井秀喜1松井秀喜1

テンピュール® を15年以上愛用している松井秀喜氏。
そもそも彼は、なぜテンピュール® を選び、
使い続けたのだろうか。

使い始めたきっかけは?
2003年にアメリカへ渡る少し前、「ぜひ一度、使ってみてほしい」と知人がプレゼントしてくれました。そんなに言うならと試してみたら、思った以上に心地よくて快適に眠れる。新たな挑戦をする自分の力になると思い、持って行くことにしました。
気に入っている所は?
以前はごく普通の枕を使っていて、とくに不満はなかったのですが、テンピュール® は首から頭にかけてのフィット感がぜんぜん違うと感じました。僕の大きな頭もしっかり受け止めてくれ(笑)、安心感があるから、ぐっすり眠れる気がします。それまで使ったことのないカタチをしていたので、最初はもちろん多少の違和感はありましたが、今はもうこれでないとダメですね。
使い続けた理由は?
ナイター中心の日本と違い、アメリカではナイターの翌日にデイゲームが行われることも多い。パフォーマンスを維持し、試合に出場し続けるために、限られた時間でもしっかりと体を休めることを強く意識するようになりました。だから自宅用はもちろん、遠征先用のテンピュール® も購入し、つねにスーツケースに入れて持ち歩いていました。
close