どうして睡眠が重要なの?Why is sleep important?

一般的に健康的なライフスタイルについて話すとき、運動や食べ物、ストレスを減らすなどと言われますが、最も本質的に重要な「睡眠」を忘れる傾向にあります。睡眠は我々の肉体的・精神的にもとても重要です。そして、より良い睡眠を手に入れる為にできるとことは多々あります。睡眠は毎日を一新し精神と肉体をリバランシングするためのキーなのです。

より良い眠りにつくためにFor good sleep

ストレスをベッドに連れて行かない!

ストレスをベッドに連れて行かない!

ベッドにストレスの要因を持ち込まないでください。頭がストレスや明日の予定などでいっぱいであれば、一度起きて、考えをすっきりさせるため、メモ等に書きとめるのもよいでしょう。

ベッドに入る前にリラックスを

ベッドに入る前にリラックスを

明るすぎる照明や、大きな音は避けて、読書や、穏やかな音楽を聴いたり、リラクシングヨガや、瞑想等でリラックスしましょう。脈拍数を上昇させるようなハードなエクササイズは避けてください。

ベッド&マットレスはあなたにあってる?

ベッド&マットレスはあなたにあってる?

ベッドで快適と感じますか?マットレスは、きちんとくつろぐことができるように、首、背中、肩と足を快適にサポートする必要があります。寝具による圧迫感や不快感は、あなたの睡眠を妨げ不必要な寝返りの原因となります。

眠れない場合は一旦ベッドから出てみることも

眠れない場合は一旦ベッドから出てみることも

眠れない場合は、無理に寝ようとせず、一旦ベッドから出てみてください。そして、温かい飲み物を飲んでみたり、あたたかいお風呂に入りましょう。それによって体温が上昇し、身体がリラックスモードになるので、より簡単に寝入ることができるでしょう。

日中の過ごし方も重要How to spend the daytime

太陽の光を浴びましょう

太陽の光を浴びましょう

自然の日光は睡眠にとても重要なメラトニンの分泌を促します。ですから、日中は空き時間を見つけ、家やオフィスから外に出て、少しでも日の光を浴びてみましょう。

水を飲むことを心がけましょう

水を飲むことを心がけましょう

眠る前にたくさん水分を摂ると、トイレのために睡眠中に起きてしまう傾向があります。寝る前にのどの渇きをあまり感じないように、日中に十分水分を摂りましょう。

日中の運動が夜のより良い睡眠に

日中の運動が夜のより良い睡眠に

スポーツや身体を動かすことは、夜寝入ってからの睡眠の質を向上させます。そのためには、午後または夕方の早いうちに運動をしましょう。就寝前の運動は、脈拍数が上昇し、身体を起きた状態にするので避けてください。

飲み物に気をつけましょう

飲み物に気をつけましょう

コーヒー、コーラやお茶の中にあるカフェインは神経を覚醒させ、起きた状態にします。午後6時以降はハーブティー、水またはミルク等を飲むようにしましょう。アルコールは入眠の助けになるかもしれませんが、深い睡眠を得ることは出来ず、夜中に起きやすくなるため、十分な睡眠とはならないでしょう。

なんと言っても睡眠環境は大切Sleep environment

正しいマットレス&枕を選べてますか?

正しいマットレス&枕を選べてますか?

一般的に人々は毎年およそ3,000時間眠り、10年間同じマットレスを使用します。それにも拘わらず、新しいマットレスを売り場で試す時間は、平均してせいぜい2、3分程度。正しいマットレスを選ぶために時間を十分かけてください。また、新しいマットレスは慣れるまでに時間がかかることもある、ということを覚えておきましょう。

電子機器を持ち込まない

電子機器を持ち込まない

電子機器をベッドルームのなかになるべく持ち込まないようにしましょう。テレビやコンピュータ、携帯電話などは、その明かりや音で、あなたの神経を活発にさせ、不眠の原因となります。

新鮮な空気を入れましょう

新鮮な空気を入れましょう

定期的に新鮮な空気をベッドルームに入れましょう。新鮮な空気は、日中の生活を活発にし、睡眠にも非常に良い影響を与えます。

音と照明

音と照明

夜はベッドルームをできるだけ静かに、暗くして過ごすと、眠りにつきやすくなるでしょう。

ベッド周りをきちんと片付けましょう

ベッド周りをきちんと片付けましょう

あなた自身のベストな睡眠環境を作るために最も効果的でコストがかからないアドバイスは、ベッドルームを清潔にしておくことです。あなたの気を散らすようなものをベッドルームに多く持ち込まないようにしましょう。

睡眠のための環境は整いましたか? 整ったら、あとは、

より良い睡眠のための正しい寝具とは?

寝るときの姿勢というのは安眠の度合いに大きく影響します。
睡眠姿勢を左右する要素として一番大きいのが、マットレスです。
起きたあとに体がだるいといったことがある人は、マットレスがあなたに合っていないのが原因かもしれません。

安眠できるマットレスとは?

柔らかすぎず、硬すぎず、身体のラインにフィットするマットレスが良いマットレスと考えられます。
一般的に、柔らかすぎるマットレス、硬すぎるマットレスにはそれぞれ下記のような欠点があると言われています。

柔らかすぎるマットレス

柔らかすぎるマットレス

  • 身体が沈み込み、寝苦しく感じる。
  • 寝姿勢が不安定になるため、筋肉が動きやすく疲れが残る。
  • 寝返りがし難く、余計に筋肉に負担がかかる。
硬すぎるマットレス

硬すぎるマットレス

  • 特定の場所に体圧が集中し、血液の流れが悪くなり寝返りが増える。
  • 腰がマットレスから浮いて、負担がかかる。
  • 特定の場所に体圧集中が続いた結果、床ずれが生じる可能性も。

安眠できるマットレスは

柔らかすぎず硬すぎず、体のでこぼこや重みをしっかりサポートし、
体圧を分散し自然な寝姿勢を保てるもの

といえます。

テンピュール®マットレスが選ばれる理由

マットレスは、クッション材の違いにより低反発マットレス、スプリングマットレスなど、
様々な種類がありますが、一般的に普及しているのはスプリングマットレスです。

硬めの寝心地のスプリングマットレス

硬めの寝心地のスプリングマットレス

一般的なスプリングマットレスはボンネルタイプで、ひとつひとつらせん状に巻いたコイルスプリングを引っ張り合うように連結して硬い面を作り、身体を支えます。
通気性が良くて湿気がこもりにくく、価格が安いのがメリットですが、コイル同士が連結しているため、マットレス上で動くと揺れやすく、隣に寝ている人の寝返りによる揺れが気になる場合もあります。

身体にフィットする一般的な低反発マットレス

身体にフィットする一般的な低反発マットレス

低反発マットレスは、ウレタン素材をベースとし、圧力のかかったところに合わせてゆっくりと変形するのが特徴です。この作用により、身体の圧力が分散され、身体への負担が軽減されます。

その理由は、テンピュール®マットレスの優れた性能にあります

テンピュール®マットレスに使用されている、テンピュール®素材は、体温と重さに反応し、身体に触れる場所は素材がベストな柔らかさとなり身体にフィットするため、圧迫感を取り除き、足、肩、腰に素晴らしいサポートと快適さを与えます。身体の圧力を吸収し分散、身体にかかる圧迫感を和らげ、夜間の寝返りの回数を減らします。
また、テンピュール®マットレスは、動く際のエネルギーをテンピュール®素材が吸収するので、パートナーがお互いの動きに妨げられることなく、よりぐっすりと眠れる環境を作ります。

耐久性に優れているからこそできる長期保証

耐久性に優れているからこそできる長期保証

テンピュール®素材は高密度なフォームですので耐久性に大変優れており、保証期間はマットレス(一部商品を除く)においては15年間の限定保証がついております。長期間、安心してご使用いただけるのがテンピュール®素材の特徴であり、長期保証は耐久性への自信の証なのです。