良質な睡眠のポイント

寝るときの姿勢というのは安眠の度合いに大きく影響します。
睡眠姿勢を左右する要素として一番大きいのが、マットレスです。起きたあとに体がだるいといったことがある人は、
マットレスがあなたに合っていないのが原因かもしれません。

  • 安眠するためには
  • テンピュール®マットレスが選ばれている理由

安眠できるマットレスって?

安眠できるマットレスとはどのようなマットレスでしょうか?

柔らかすぎず、硬すぎず、身体のラインにフィットするマットレスが良いマットレスと考えられます。
一般的に、柔らかすぎるマットレス、硬すぎるマットレスにはそれぞれ下記のような欠点があると言われています。

  • 柔らかすぎるマットレス
    体が沈みこみ、寝苦しく感じる。
    寝姿勢が不安定になるため、筋肉が動きやすく疲れが残る。
    寝返りがし難く、余計に筋肉に負担がかかる。
  • 硬すぎるマットレス
    特定の場所に体圧が集中し血液の流れが悪くなり寝返りが増える。
    腰がマットレスから浮いて負担がかかる。
    特定の場所に体圧集中が続いた結果、床ずれが生じる可能性も。

安眠できるマットレスは、柔らかすぎず硬すぎず、体のでこぼこや重みをしっかりサポートし、体圧を分散し自然な寝姿勢を保てるものといえます。

お近くの正規取扱店(ショールームや百貨店・家具ショップ等)
又は公式ネットストアでお買い求めいただけます。

  • 店舗・ショールーム検索 お住まいの地域やお探しの商品の種類から検索できます。
  • この商品を購入する (各種コンビニ決済 金利無料分割払い ネットバンキング 代金引換 対応)

寝返りがたくさんうてる=快眠とは限りません。

体の一部分に荷重(体圧)がかかりすぎると血液の流れが悪くなり、体は自然に寝返りをうつようになります。寝返りをうつとそのたびに睡眠が浅くなるので、快眠には不要な寝返りの回数をできるだけ減らすことも必要といえます。

 

寝返りが多いのは安眠できていないサイン

睡眠中、人は筋肉の緊張をほぐし、血液の循環をよくするために一晩に20~30回寝返りを打ちます。寝返りがスムーズにできないと余計な筋肉を使うことになり、「休んでいるはずなのに、なぜか疲れが残る」といった原因になりますし、また不要な寝返りは快眠を妨げる原因となります。

テンピュール®素材は温度と重さに敏感に反応し、体を理想的な姿勢に支えながら、あらゆる曲線や角度にぴったりと沿います。体圧が一点に集中せず、全体を均等にサポートするので寝返りがしやすく、また血液の流れもスムーズになるので、寝返りする回数そのものも減少します。

寝ている本人だけの問題ではなく、ダブルやクイーンサイズのマットレスの場合などは、一緒に寝ているパートナーの寝返りを感じて、ぐっすり眠れないこともあります。テンピュール®素材はエネルギーを吸収して体圧を軽減するので、マットレス全体のどの部分でもお互いの動きが別々にサポートされ、パートナーによる寝返りの振動に影響され眠りを妨げられることもありません。

お近くの正規取扱店(ショールームや百貨店・家具ショップ等)
又は公式ネットストアでお買い求めいただけます。

  • 店舗・ショールーム検索 お住まいの地域やお探しの商品の種類から検索できます。
  • この商品を購入する (各種コンビニ決済 金利無料分割払い ネットバンキング 代金引換 対応)